まにん家のせきらら育児

新米主婦のお役立ち情報&育児漫画ブログ 夫婦生活・育児の悩み せきらら漫画公開

カテゴリー

帝王切開の費用、高額療養費と医療保険で戻った金額○○万円!大公開

      2017/03/29

帝王切開の費用って、高いイメージありませんか。帝王切開には健康保険が適用されるので、高額療養費が給付されますし、上手に保険に入っていれば結構、驚きの額が返ってきて逆に自然分娩よりだいぶ費用がお安くお得になったりします。今や5人の1人が帝王切開をする時代と言われています。私も100%自然分娩だと疑ってもいませんでした。蓋をあければ深夜の緊急帝王切開。超難産コース。お産って何が起こるかわかりません。私の緊急帝王切開にかかった金額、高額療養費と医療保険で返ってきた金額を丸っと公開するので、知識としてお役に立ててもらえたらと思います。



帝王切開になるケース

まず帝王切開には、予定日を決めて行う、予定帝王切開と急遽行われる緊急帝王切開があります。言い換えてみれば、何らかの異常がみられた場合、突如帝王切開になる可能性が心の準備なく訪れるのです。妊娠したいな、と思ったとき、遅くても妊娠がわかればすぐに、帝王切開の知識、お金のこと、保険のこと。しっかり知識をつけた方が良いにこしたことはありません。

予定帝王切開になる可能性が高いケース

  • 赤ちゃんが双子などの場合
  • 逆子・前置胎盤
  • 赤ちゃんの頭が大きい
  • 妊娠高血圧症が重度 などなどが上げられます。

予定帝王切開でも、手術前に陣痛や破水が起こった場合は、緊急帝王切開に切り替わることなどあります。

緊急帝王切開になる可能性が高いケース

●胎児の心音に異常
●出産前に胎盤がはがれてしまった場合
●子宮口が開かなかったり、赤ちゃんが下りてこないため、お産が過度に長引く などなどが上げられます。

帝王切開になる確率は5人に1人

ここ20年間で帝王切開になる確率がおよそ2倍に増加していて、近年では5人に1人が帝王切開で出産しています。私の周りだけで言うと、3人に1人の確立で帝王切開で出産している状況です。みんな、まさか自分が帝王切開するとは思いもよらなかった、と口をそろえて話しています。かく言う私も、まさかまさかでした。
私の場合は、緊急帝王切開だったので、何の知識もなく、ガクガク震えながら手術台にのぼり、無事出産の後も、陣痛促進剤による入院の長引き、深夜手術料金などかさみ、もともと値段設定の高い個人病院だったため、目を疑う金額の請求に度肝をぬかれ、あたふたしっぱなしでした。
知識はあるにこしたことはないので、参考にしてください。

出産費用の平均額(普通分娩と帝王切開の比較)

厚生省のデータによると、

普通分娩にかかる平均出産費用は46万9000円

帝王切開にかかる平均出産費用は60万5000円

やはり帝王切開の方が高いようです。ですが、高額療養費がもどってきたり、上手に保険に入ることで、かなりの額がもどってきます。

実際に帝王切開でかかった費用

帝王切開の費用明細

自然分娩でも、帝王切開でも、かかる費用は病院によって大なり小なり変わってきます。帝王切開でいうと40から100万かかるとされていて、その差は60万にもなります。
まず、私が実際支払った額は724,083円ですおよそ72万4千円ですね。領収書には62万4083円とかいてますが、実は事前に前金で10万円支払ってますので、しめて72万4千円です。
そのうち出産一時金が42万円が返ってきますので、実費負担は30万4千円。。。30万4千円!!2度言うほど、私にとっては高額でした。目ん玉飛び出ました。
ちなみに、お医者さんいわく、費用的にフルコースの出産だったそうです。全然うれしくない。。

帝王切開が高額出産となった理由&スケジュール

先生いわく、出産の費用フルコースのスケジュールがこちら。

1~2日目 陣痛促進剤で入院

3日目 深夜 赤ちゃんの頭が骨盤とあわず緊急帝王切開

4日~10日目 産後入院

11日目 退院

というスケジュールでした。

思うに、深夜に帝王切開したのが通常より高かった原因でしょう。
あと、陣痛促進剤による入院の長引き。入院月が2ヶ月にまたがってさらに追い討ち(高額療養費が少なくなります)

支払いでもアタフタ!直接支払い制度の事前チェック

病院が、直接支払い制度を設けていなかったので、およそ20万全て現金払いでした。
事前に調べておけば良かったのですが、私は身動きが取れないので、旦那にキャッシュカードを渡して銀行に走ってもらいと
まとまったお金を用意するのにあたふたしました。
事前に自分の病院の支払い制度の確認をすることをおすすめします。
友人の病院はクレジットカード払いなんかがいけて、ポイントも貯まっていーなー。なんて思いました。

帝王切開、高額出産費用の内訳

細かい内訳はこちら。。

まず、入院代。
4日間、個室を選択したので28000円×4日
2日間、大部屋で15000×2日

私は2日間陣痛促進剤の投与のために余分に入院しているので
+1日と半日で25000円。
部屋代だけでしめて、167000円。ひぇ~。

分娩介助費は247850円。
赤ちゃんと別室でしたので赤ちゃんの保育料が8000円×7日間で56000円。
産科医療補償制度掛け金30000円。
一部負担金95373円。
その他18560円。
前金で10万円。

しめて72万4083円です。

帝王切開で返ってきた高額療養費

高額になった私の帝王切開出産でしたが、幸いながら帝王切開は返ってくるお金が多いです。まずひとつめが高額療養費。

高額療養費は、1ヶ月間に医療機関や薬局で支払った額が一定額を超えた場合に、超えた分が返ってくる制度です。世帯年収によって、自己負担上限額は変わります。

帝王切開で高額療養費

おおよその自己負担額は赤丸の箇所が参考になります。

370~770万円の世帯の場合、医療費全体が30万円だとすると、3割負担で10万円支払いが必要ですね。
負担の上限額が8万100円なので超えています。
そこで高額療養費を申請すると、上限額を超えた19570円が戻ってきます。

詳しい計算はこちら

8万100円+(医療費全体-26万7,000円)×1%=○

自己負担額-○=戻ってくる金額
私の場合、2万円弱返ってきました。入院時期がふた月にまたがってしまったので少し減額されていると思います。

高額療養費の注意点

高額療養費の計算で注意したいのが、2点。意外と返ってくる金額が小額になる場合も。拍子抜けしないように注意。

高額療養費の適用は保険対象のみ

高額療養費制度が適用されるのは健康保険対象の費用のみです。
なので入院時の食費や差額ベッド代、分娩介助料などは含まれません。

手術から退院までふた月にまたがる場合

高額療養費が対象になるのは1ヶ月分に対してです。なので手術日から退院までがふた月にまたがると翌月分が制度の対象になりません。翌月に保険適用のものがあっても適用されないので少し損になってしまいます。

帝王切開をして医療保険で返ってきた金額

もうひとつの帝王切開でかえってくるお金。かけている医療保険。この救いが非常に大きかった!!

国の助成などで昔より出産に費用がかからなくなりました。ですが、それはあくまでノーマルな出産に至ったラッキーな場合。
口をすっぱくして言いますが、お産ってほんっとに何があるかわかりません。私がそのケースです。
もし保険に入っていなかったらと思うと、顔面蒼白、背筋が凍ります

そして返ってきた額はこちら

帝王切開での保険額

返ってきた額21万円

あと、別に月1000円のにも入っていて、こちらから4万円弱戻ってきました。
あわせて25万円もどってきました。

結果、帝王切開で返ってくきたお金(高額療養費・医療保険・出産一時金)

保険で25万円。

高額療養費で2万円弱。

出産一時金で42万円。

あわせて68万円返ってきました。

結果、実費は3万5千円ほどに。

なんとか胸をなでおろせる金額となりました。保険に入ってなかったら28万強の赤字。。。怖い

通常の帝王切開ですと、医療保険をかけていたらお釣が返ってきたという人の方が多いようです。いいな!

保険の毎月の掛け金

21万円返ってきた医療保険の方の掛け金は、毎月2400円。
4万弱返ってきた医療保険は毎月1000円。
あわせて月3400円払ってました。
こんなに、保険に入っていて良かったと思ったのは人生はじめて。
実際そういう人は多いようで、実際保険会社が支払う給付金で一番多いのは帝王切開分娩・子宮外妊娠手術だそう。

私のかけている保険のプラン内容

私は結婚した時に無料相談の人に保険を見直してもらって、いらないな、と思うのをバシバシ、プロの人に削ってもらいました。無料相談の人って、自分が元から入っている保険についても詳しく相談にのってくれるんですね。とっても助かりました。結果、いらないものを削ぎ落としたプランがこちら。

女性特定疾病入院特約120日型 入院給付金日額5000円

入院特約120日型 入院給付金額5000円

退院給付特約 退院給付金額25000円

新手術特約

この4つのプランで月額2400円です。

あともうひとつの月1000円プラン。こちらは妊娠中でも加入できるので妊娠がわかってから入りました。
妊娠がわかって、保険を増やしたかったんですが、妊娠中って入れる保険少ないんです。

妊娠をしてから入れる保険がなかなかみつからなくて、あせる人もけっこう多いです。

私は、探すのも大変で、自分でみつけられなかったので、またもや無料相談の保険の人にきてもらって、みつけてもらって入りました。
妊娠5ヶ月の時に入ったので、たった数ヶ月入っていただけで4万円もらいました。そして、出産後解約したのでまる儲けです。

ちなみに私が相談したのはここです。保険のビュッフェ

特に保険に勧誘とかもなく、純粋に保険の見直しだけして帰られていきましたので安心ですよ。
赤ちゃんの安心の出産に備えてくださいね♪

 - 帝王切開, 育児 節約