まにん家のせきらら育児

新米主婦のお役立ち情報&育児漫画ブログ 夫婦生活・育児の悩み せきらら漫画公開

子宮口を開く!柔らかさが鍵!123センチから出産まで

      2016/04/06

出産するお母さんも大変ですが、狭い子宮口を通る赤ちゃんもとっても大変だと思います。子宮口が固いとやはり赤ちゃんは出て来れません。かといって正産期前に柔らかくなってもだめ。タイミングが大切ですね。

出産時の赤ちゃんの漫画

出産時の赤ちゃんの様子を想像してみた

子宮口を開くには?出産時の子宮口はおよそ8~10センチ!




子宮口が2センチ開いてます。と医師に言われた時はもうすぐ産まれる?とドキドキしたものです。かく言う私は最終5センチ開いても陣痛が来ませんでした。固い子宮口だったのでしょうか。出産時は10センチとなればなんだか長い道のりな気がしてきますね。

子宮口を開くには柔らかさがポイント

子宮口が2、3センチ開いてから数時間で陣痛へ進行していく人もいれば数週間かかる人もいます。この差には子宮口の柔らかさが深く関係しているようです。ではどうすれば柔らかくなるのか、それは前駆陣痛が頻繁にくることによって柔らかくなっていきます。十分に柔らかくなってから本陣痛がくることで赤ちゃんが通りやすいスムーズなお産となるわけです。

股関節を柔らかく スクワットが効果的

子宮口を開くには陣痛が重要。陣痛を起こすには産道を開くことが重要。産道を開くには適度な運動、特にスクワットが効果的♪全てはつながっているのですね。産道を開くには股関節を柔らかくする運動が良いと言われています。スクワットがつらい場合はあぐらのポーズも良いそうです。1日数回無理のない程度に行いたいですね。

私はさぼって出産日2週間前くらいまでほんとにダラダラ過ごしていました。予定日がきても産まれる気配なくこりゃまずいと慌てて運動し始めましたが、そんな虫の良いことはなく、それが理由かは定かではないですが難産でした。。。安産のためにもできることは何でもしておきたいですね!二人目出産の時には絶対にがんばります。

子宮口はむやみに開いてはいけない理由

上でも述べましたが、子宮口が開くのはタイミングがとっても大切。臨月、正産期前に開いてしまうと早産の危険性が高まってしまいます。

子宮頸管無力症など、自覚症状がなく早期に子宮口が開いてしまうこともあります。早期発見し的確な処置をしてもらえるためにも定期健診は必ず、絶対に受けましょう。

リラックス!ゆったりとした気持ちが一番大切

当たり前ですが、お産は人間の体で行います。ぐぅ~と力を入れて緊張してては赤ちゃんもうまく降りてこられません。ホースをぎゅっとつかむと水が流れてこれないのと似ていますね。リラックスし筋肉をゆるめ、深く呼吸をしてあげる。簡単だけどとっても大切なことに感じます。

まとめ

子宮口の開き方、硬さ、柔らかさは人によって本当にそれぞれです。硬く閉じていても本陣痛がきて急に柔らかくなって子宮口がぱっかーと開く方もいますし、私のように子宮口だけ開いて陣痛がこないといったこともあります。出産はひとりひとりの物語があってひとりひとり違います。

ただ言えることは、不安を取り除くためにも安産につながるであろうことは何でもしておこう!これに尽きると思います。適度な運動、良い食事、心のリラックス。可愛い赤ちゃんが待っています。前向きな気持ちで日々過ごしたいですね♪




 - 出産 準備, 漫画